お清め

火葬場からしたいが戻ってきたら、「お清め」をしなくてはなりません。
人の死を自宅まで持ち込むことはタブーとされています。
ですので、その体を水と塩で清める風習、つまり「お清め」をしなくてはならないのです。
それでは一体「お清め」とは、具体的にどういったことをするのでしょうか?

まず、自宅で留守番をしていた者は、葬儀に出た人のために、前もって玄関に水と塩を用意しておきましょう。
葬儀から戻ってきた人が、家に入るために「お清め」をするためです。
まずは、両手に水をかけます。
そのあと、肩・腕・足元の順に、塩をふります。
ちなみに、相撲で力士が取り組み合う前に、塩をふりまきますよね?
あれも一種の「お清め」の儀式なのです。

しかし、私は葬儀に出席した後でも、この「お清め」を自宅の塩で行ったことはありません。
なぜならば、近年では会葬礼状に一緒についているからです。
また最近では、死をけがれと見なされないようになりつつあります。
ですので、「お清め」の習慣が次第に薄れてきているのが現状です。
余談ですが、浄土真宗の場合、「お清め」はしないことになっています。
なぜならば、人の死をけがれと認識していないからです。
ちなみに私はキリスト教なのですが、「お清め」という考え方はありません。
神式の場合は、家に入る前に、神職が「お清め」のような儀を行うようです。

葬儀から持ち帰った遺骨は、その後どうなるのでしょうか?
留守番の人達が手を合わせたあと、後飾り壇に安置させます。
これを四十九日まで飾るのです。

葬儀費用って思ったよりかかるんですよね。なので事前に、幾らぐらいかかるのかを調べておきましょう。葬儀 横浜で葬儀業者の情報を手に入れましょう。




What's New

2013/02/04
最新情報3更新
2012/11/05
最新情報2更新
2012/03/16
最新情報更新
2011/11/15
キリスト教を更新。
2011/11/15
法要のあいさつを更新。
2011/11/15
最新情報を更新。
2011/11/15
喪中を更新。
2011/11/15
形見分けを更新。
2011/11/15
葬儀費用を研究!を更新。
2011/11/15
ホームページリニューアル
最新情報 | 葬儀費用を研究! 2011年12月05日